リートとは何か調べよう|運営会社の特徴を把握する

個人でもできる不動産投資

女性

少額での投資ができる

リートとは、不動産を投資対象とした投資信託です。従来は個人で不動産投資を行うにはマンションの1室を購入したり、1棟のアパートを経営するといった方法しかありませんでした。このような不動産投資では高額の初期投資が必要なために、個人投資家では中々不動産投資を行うことが難しい状況がありました。しかし、証券市場では金融商品としてリートが販売されるようになり、個人投資家でも手軽に不動産投資ができるようになってきています。リートとは以前においては1口で100万円程度の資金が必要でしたが、近年では10万円台でも購入ができるものが出てきています。10万円台であれば、サラリーマンなどでも気軽に不動産投資を行うことが可能です。

安定して配当ももらえる

リートとは、不動産運営会社の不動産の一部の実質的なオーナーになることでもあります。そのため、リートを保有すると、不動産の家賃収入を配当としてもらうことが可能になってきます。リートの配当利回りとしては3%ぐらいの金融商品が多くなっており、安定的に高利回りを確保することが実現できるようになります。また、リートとは不動産の運営管理においては、不動産運営会社にすべてを任せられる利点が出ています。自らでアパートの運営管理を行うと、生活の大部分を運営管理のために使う必要があります。しかし、リートならば、自分で不動産の運営管理はしないですみます。そのため、会社に勤めている人でも問題なく不動産投資を行うことが可能となります。