リートとは何か調べよう|運営会社の特徴を把握する

誰でも出来る不動産投資

案内

小額から出来るのが魅力

一般的に不動産投資には多額の投資資金が必要になるので誰でも投資できるとは限らないが、共同出資に参画する形であれば参入しやすくなる。リートとは、不動産投資に参画しやすくした仕組みである。即ち、リートとは、参加者から出資金を口数で集め有望不動産に投資し、その賃料等の収益を口数に応じて分配する仕組みである。言ってみれば、リートとは、不動産投資に誰でも参画しやすくする為に不動産物件を債権化したものである。リートとは、証券会社等が販売する商品でもあり、証券会社等を通して誰でも参加しやすくなっている。リートとは、手元資金に見合う分だけの口数を購入するだけで参入できる不動産投資であり、東京等の有望な地域への投資も容易に出来るのが特徴である。

投資物件内容の把握が大切

不動産投資も投資先のよって収益性とリスクが異なる。商業施設、ホテル、賃貸住宅、レジャー施設等様々あり又、投資物件の存在地が日本とは限らず世界中に拡大している。その国、その地域の経済状況によって収益性とリスクに大きな差が出てくる。経済情勢が発展途上なのか、ほぼピークに達しているのか、下降気味なのか、置かれている環境を十分調査の上で投資先を選択していくことが肝心である。リートとは、この様に国内はもちろんの事、世界中の有望資産に投資可能な仕組みであり、誰にでも投資できる仕組みではあるが、海外の状況等は個人的に調査する事は困難であり、信頼できる証券会社等を通して行う事が望ましい。内容の説明と手数料等を十分把握の上投資先を選別していく事である。