リートとは何か調べよう|運営会社の特徴を把握する

誰でも出来る不動産投資

案内

リートとは、不動産物件を債権化することにより、流通性を高めると共に多額の投資資金を口数によって細分化し、小口投資をやり易くした金融システムの一つである。証券会社等で数多くのリートに関する投資信託商品が存在しているので、誰でも容易に参画出来る不動産投資である。

読んでみよう

個人でも不動産投資が可能

グラフ

不動産投資信託

リートとは不動産投資信託のことです。不動産運営会社では自社の保有している不動産の権利を証券化して、多くの投資家へリートとして販売をしています。その結果として、不動産運営会社では新たな不動産の取得費用を得ることができています。また、リートとは投資家の側は、不動産からの家賃収入の一部を配当として受け取ることが可能となってきます。個人投資家がリートを購入する場合には、証券会社を通して買うことができますが、リートには多くの種類があることに注意をしたいです。近年、証券取引所に上場するリートが増えてきていて、数十の中から選択をする必要が出ています。そのため、投資家は運営会社がどのような不動産を保有しているかをチェックしてから、リートを選ぶようにしたいです。

少額で投資が可能

リートとは証券化商品であるために、小口に分けて販売されている特徴があります。そのため、リートの1口の購入金額としては、十数万円からの少額の投資が可能となっています。従来の不動産投資ではワンルームマンション1室を購入すると、数百万円から数千万円といった高額の資金が必要となっていました。しかし、リートを活用すると、サラリーマンなどでも簡単に不動産投資ができるメリットが出てきます。また、リートとは不動産からの収益が投資家へ配分される仕組みがあるため、高い配当利回りが期待できるようになります。リートの配当利回りとしては、年率で3%前後の商品が多くなっています。年利で3%程度の利回りは、日本の投資家にとっては大いに魅力があります。

個人でもできる不動産投資

女性

リートとは不動産を対象とした投資信託です。そのため、少額で投資できるためにサラリーマンに向いています。また、リートを保有すると安定的に高配当がもらえたり、不動産の運営管理は運営会社にすべてを任せられる利点が出てきます。

読んでみよう

不動産に対する投資信託

男性

リートとは不動産投資信託のことで、海外版と日本版の二つのカテゴリーがあります。リートにおける配当金は、賃貸収入を原資としています。どの不動産物件に投資しているのかという情報は、目論見書から得ることができます。

読んでみよう